Mitz Mangrazie

1億人をトリコにしたアノ曲を、昭和歌謡でやってみた。"ミュータント(突然変異)"なダンス・チューンでヒップに送る、"とある月夜の物語"
Mitz Mangrazie(ミッツ・マングラッチェ)なるアーティストが、来たる10月5日(水)生誕する。
聞くところによると、"昭和歌謡"をベースにした、圧倒的歌唱力の持ち主であるとのこと。そして、写真の肌感・衣装から察するに、"マリオネット"の様相を呈している。

そんなMitz Mangrazieの気になるデビュー曲は、イタリア人アーティスト、Renato Carosone(レナート・カロゾーネ。1921年生まれ。ナポリ出身。屈指のシンガー・ソングライターで、バンド・リーダー。ピアニスト、作詞家としても活躍。)より1956 年に発表された「Tu vuo fa' l'americano(トゥ・ヴォ・ファ・ラメリカーノ)」のカヴァー。実に50年以上前の楽曲に目を付ける辺りがまた興味深い。

この曲「Tu vuo fa' l'americano」、実は昨今世界規模で途轍もない盛り上がりを見せている。
まず、これまたイタリア人のDJ ユニット、YOLANDA BE COOL&DCUPが「Tu vuo fa' l'americano」をサンプリングし、2009 年「We No Speak Americano」としてリリース。"パッパラ☆アメリカ〜ノ"なるキラー・ワードが見事に浸透し、イタリアは勿論、イギリス・ドイツ・オランダ・スウェーデン・アイルランド・ベルギー・デンマーク・オーストラリアなど、世界22カ国で1位を獲得!しかも海を渡ってアメリカでは、HIP-HOP界の"盛り上げ番長"ことPITBULLが「Bon Bon」でをサンプリング大ヒット!すでに全世界で1億人が中毒に・・・。今も尚輝きを放ち続ける恐るべき楽曲が、Mitz Mangrazieデビュー曲の原曲「Tu vuo fa' l'americano」なのである。
レトロ・モダンなビッグバンド・サウンドであり、脅威のフロア・チューンにまで進化を遂げた「Tu vuo fa' l'americano」を、Mitz Mangrazieはデビューに際し、なんと大胆にも"昭和歌謡"と"ダンス・トラック"のクロス・オーバーで、ジパング仕様に昇華させたのである!
しかも、楽曲タイトル「彼とお月様〜Notte di Luna〜」に見受けられる通り、ストーリーテリングされた"お月様と男の子の恋物語"を情緒豊かに、Mitz Mangrazie自ら書き下ろした日本語詞で表現、新たな解釈で送るというから面白い。激しくアッパーで、どこかセクシー。なんとなくチープなレトロさが、ノスタルジックな別世界へと誘う。更にRenato Carosone お得意の、センシティブ且つナイーブでありながらも情熱的な中毒性高いメロディーが、極上の添加物。そして、このトラックに、まるで子供に絵本を読み聞かせるような、儚くも強い、艶やかでエモーショナルな、Mitz Mangrazie のヴォーカリゼーションが華を添える。

ところで、世間はまさに"お月見"シーズン。この時期を狙ってか狙っていないでか、"十三夜"を挟んで「彼とお月様〜Notte di Luna〜」着うた(R)が10 月5日(水)、フルサイズ音源も10月12日(水)に配信スタート。しかも10月5日(水)、当該企画のきっかけをくれた"踊らにゃそんそん"を地でいくお茶目なヤツら、イタリアーノへの"grazie(感謝)"を込めて、何とイタリアでの配信デビューも大決定!Mitz Mangrazie が"ミュータント(突然変異)"なダンス・チューンに乗せてヒップに送る、"とある月夜の物語"。今年の"月見"は、「彼とお月様〜Notte di Luna〜」でスウィンギン!
Movie
Profile
Mitz Mangrazie(ミッツ・マングラッチェ)
Secret...

©DefSTAR Records Inc. All rights reserved.